庭や駐車場がはじめから付いている

持ち家気分が楽しめる

賃貸物件というと、アパートやマンションなどの集合住宅をイメージする人も多いのではないでしょうか。賃貸には、このほかにも一戸建ても用意されています。マンションやアパートほど物件数は多くないものの、初期費用を抑えて一戸建てに住めるのは大きなメリットです。一戸建てなら、上下階や隣の部屋の音を気にする必要もありませんし、よりプライベート感を味わうこともできます。さらに、一戸建てなら駐車場や庭も最初からついており、持ち家のような感覚で住めるのも嬉しいところです。部屋数にもゆとりがあり、家族が個室を持つこともできますので、テレワークなどで仕事に集中したい人にも向いています。駐車場代や固定資産税がかからないのも賃貸のメリットです。

気軽に引っ越すことができる

長期間同じ家に住むのなら、家賃を払い続けるよりも一戸建てを購入したほうが良いのではないかと考える人もいます。賃貸の場合は、いつまで家賃を払っていても自分の財産にはなりません。とはいえ、賃貸には購入にはないメリットもたくさんあります。まず、購入した場合は気軽に引っ越すことはできませんが、賃貸ならいつでも好きなタイミングで引っ越すことができます。ライフスタイルの変化によって、合う物件も変わってきますが、賃貸なら家族の増減やライフスタイルの変化に合わせて最適な物件を選べるというメリットもあります。賃貸では、勝手に部屋のリフォームをしたり設備を変更したりすることはできませんが、老朽化や故障による設備の修理や交換をする場合も、借主側の費用の負担はありません。