高層階に住むことができる

高層階なら防犯性やプライバシー保護に優れる

一般的な賃貸に住む場合、防犯性やプライバシーの点で不安を感じることがあります。窓から感じる通行人やお隣さんからの視線が気になることもあるでしょうし、たとえ2階の部屋に住んでいたとしても空き巣に入られるリスクは存在するからです。とりわけ、女性の1人暮らしや、普段外出する時間が長い人にとっては、心配の種にもなりがちでしょう。高層階に住むという選択は、こう言った不安を払拭するための手段になりえます。

例えば、10階を超えるくらいの部屋に住めれば、同じ高さの物件が周りに密集しているケースは稀なので、窓からの視線が気になることはほとんどなくなるでしょう。また、高層階であれば空き巣が窓やベランダから侵入するにもかなりの手間と危険を伴うことになるので、狙われにくくなるのも魅力と言えます。

高層階なら窓からの景色を楽しめる

一般的な賃貸の場合、窓から眺めることができるのは、せいぜい家の周囲くらいでしょう。一方、高層階であれば家の周囲はもちろん、数キロ先まで見渡すこともできるようになります。窓からの眺めがまるでインテリアの一部のように日々に彩を添えてくれます。

物件から見える範囲に山や川があれば、自然を通じて四季の変化を楽しむことが可能になります。住んでいる地域によっては、夏は花火を、春は満開の桜を、混雑に巻き込まれずに自宅からのんびりと鑑賞することもできるかもしれません。また、周囲に自然のない都市部であっても、夜はちょっとした夜景を楽しむことができます。家の明かりやカラフルなネオン、道路を走る車のヘッドライトは幻想的な雰囲気を部屋にもたらしてくれるでしょう。

札幌北区の賃貸でのゴミ捨て場などの共有スペースは、それぞれ使い方のルールが異なるので、事前に確認するようにしてください